<   2014年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

北アルプスからの便り

b0180907_23354573.jpg

--------------------------------------------------------------------------------
2014.9.14. 石川県白山市 白山大汝峰にて canon eos6d 70-200/2.8Lⅱ-is-usm

白山や御嶽といった独立した山塊を持つ高峰は、
他のどの山域からも目につき、なんとなく気になる山です。

白山からももちろん、他の山域がよく見えます。
東側に連なるは北アルプスの大連峰。
山の名前はよくわかりませんが、
その一つから朝陽が昇りました。

冷え込んだ体が太陽を受けてぽかぽかと温まっていきます。。。

今度は山の名前が言えるようになっておこう。



突然毎日更新したと思ったら
突然しばらくどっか行ったりします。
御嶽の事故には心よりお見舞い申し上げますが、
心配いただき連絡をくださった方々、
御嶽には行ってませんのでご安心ください。
何をしていたかってゆーと・・・

穂高・涸沢でビール片手に紅葉の絶景を堪能しておりました♪
by junp_ok | 2014-09-30 23:48 | 空・海~gran blue | Trackback | Comments(0)

明け待ち峰

b0180907_23551813.jpg

-------------------------------------------------------------------------------
2014.9.14. 石川県白山市 白山大汝峰にて canon eos6d 24-105/4L-is-usm



ちなみに御前峰は・・・

>>>>>More
by junp_ok | 2014-09-24 23:58 | 空・海~gran blue | Trackback | Comments(0)

蒼明

b0180907_23234540.jpg

---------------------------------------------------------------------------------
2014.9.14. 石川県白山市 白山大汝峰にて canon eos6d ef24-105/4L-is-usm

早すぎる山小屋の消灯から6時間ほど。

午前3時に目を覚まし、
白山三峰の最奥、大汝峰を目指す。
御前峰は御来光見物でごった返すと思い、
ヘッドランプで闇夜を1時間強、あえて遠い峰を選んだ。

頂上に着く頃には徐々に空も白み始め、
漆から碧へと変わる夜空をバックに
朴と佇む頂標がとても印象的でした。

日の出まであと30分。
by junp_ok | 2014-09-23 23:22 | 風景~in my memory | Trackback | Comments(0)

御前峰へ

b0180907_23203710.jpg

-------------------------------------------------------------------------------
2014.9.14. 石川県白山市 白山室堂にて canon eos6d 70-200/2.8Lⅱ-is-usm


室堂に着いた時は濃い雲に覆われていましたが、
昼ごはんを食べ一息ついて見上げると、
抜けるような青空に存在感たっぷりの御前峰。

白山神社奥宮の待つ頂上まであと一息、
戻って飲むビールの味を想像しながら。
by junp_ok | 2014-09-22 22:20 | 風景~in my memory | Trackback | Comments(0)

平瀬道

b0180907_2310263.jpg

--------------------------------------------------------------------------------
2013.9.13. 岐阜県白川村 平瀬登山道にて canon eos6d 24-105/4L-is-usm


岐阜県側から白山への登山道、平瀬道は、
登山口の白水湖から室堂まで片道4時間、
休憩などいれると5時間近い長丁場です。

焦らず一歩一歩。

今回はコンパスで現在地と1/25000地図を照らし合わせながら。
by junp_ok | 2014-09-21 23:20 | 人物~eyes to me | Trackback | Comments(0)

milky fall

b0180907_9421223.jpg

---------------------------------------------------------------------------------
2014.9.13. 石川県白山市 白山室堂にて canon eos6d tokina atx107fisheye


山小屋泊のお楽しみと言えば、
夜空に浮かぶ満天の星空!!

東の空に大きくなり始めたオリオン座が
夏の終わりを告げていました。

一方で天の川はまだまだ色濃く、
天頂から山頂、山荘それぞれに向かって
滝となって流れ落ちています。

山で泊まるたびにこの星空を眺めていると
当たり前の夜空に感じて来ますが、
考えてみるととても贅沢ですね。

しばらく寝っころがってみましたが、
残念ながら流れ星は見つけられませんでした。
by junp_ok | 2014-09-20 21:41 | 空・海~gran blue | Trackback | Comments(0)

Smoke on the Hill

b0180907_23282672.jpg


--------------------------------------------------------------------------------
2014.9.13. 石川県白山市 白山室堂にて canon eos6d 70-200/2.8Lⅱ-is-usm


弥陀ヶ原の奥に沸き立つ雲。
夕陽が西の雲海に沈んだ直後の数分、
その雲が紅く染まり
うっすらと千切れては弥陀ヶ原の上を流れていく。

ほんの一瞬の出来事でしたが、
この山行の中でも特にお気に入りの一枚となりました。
by junp_ok | 2014-09-18 23:27 | 風景~in my memory | Trackback | Comments(0)

西の雲海

b0180907_2343385.jpg


------------------------------------------------------------------------------------
2014.9.13. 石川県白山市 白山室堂にて canon eos6d 24-105/4L-is-usm


夕刻、早めの夕食を食べ終わって宿舎を出てみると、
西の眼下には遥か雲海が広がり、
まさに太陽が沈まんとしているところでした。

ひと眠りするとまた反対側から同じ太陽が顔を出す。
普段何気なく日が昇って暮れてをやり過ごしている中で、
他のなんでもないまさに『陽が沈む』ということを正面から見据えると、
大きな宇宙と小さな自分を感じずにはいられません。

『陽が沈む』
のではなく、まぎれもなく
『地球が回っている』
のだと実感します。
by junp_ok | 2014-09-17 23:43 | 空・海~gran blue | Trackback | Comments(0)

秋がはじまる

b0180907_23161146.jpg


-------------------------------------------------------------------------------
2014.9.13. 石川県白山市 白山にて canon eos6d 24-105/4L-is-usm


この土日は絶好の登山日和とばかり、
かねてより登りたかった霊峰白山に行ってきました。

夏とはまた趣の異なる落ち着いた緑と、
高く透き通る青空に
秋の訪れが近づいていることを感じます。

山の深さと空の高さに、
白山室堂に宿泊する人々からは
絶えなく感嘆や笑い声が聞こえ、
山間いに生まれた小さな町は
秋のおだやかな空気に包まれていました。
by junp_ok | 2014-09-16 23:26 | 風景~in my memory | Trackback | Comments(0)

9月の表紙 『Look at 「Our Dance」 !!』

b0180907_0392521.jpg


手を挙げて

脚を運べば

阿波踊り

-----------------------------------------------------------------------------
2014.8.13. 徳島県徳島市にて canon eos6d 70-200/2.8Lⅱ-is-usm x1.4ⅲ

この夏、初めて阿波踊りというものを体験してきました。

「踊る阿呆に見る阿呆・・・」

というフレーズはあまりに有名ですが、
このお祭りには一見さんを虜にするシステムがたくさんあります。

まずは誰彼かまわず輪になって踊ろう「踊り広場」。
冒頭の唄のように、見よう見まねでそれっぽく踊れてしまうので、
酒が入ればみんな友達です(笑)

もう少し本格的に踊りたければ「にわか連」
「連」というのは踊りを踊るチームの単位ですが、
予約もいらず決まった時間に決まった場所に集合すれば
簡単なレクチャーのあと「連」を組んで舞踊場(両側に観客席を設けた一般道路)を踊ります。

もちろん有料観客席で有名「連」の華麗な演舞をじっくり見るのもよし!

突発で訪れたので下調べ不足でしたが、
また来て今度は満喫したいお祭りです。


センサーゴミに見えるものは路上に落ちているゴミです(^^;
by junp_ok | 2014-09-01 23:57 | 人物~eyes to me | Trackback | Comments(0)