<   2011年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

面影

b0180907_23565641.jpg


「お父さん、お母さんへ    。」

そう言って想いを伝える姿には、

はっきりと、

お父さん、お母さんの面影が宿っていました。

------------------------------------------------------------------------------------
2011.3.26. 大宮市 サンパレス大宮GLANZにて canon eos40d sigma30/1.4
by junp_ok | 2011-03-29 23:57 | 人物~eyes to me | Trackback | Comments(0)

初舞台

b0180907_23555216.jpg


初めてにして最高の、そして二度と立つことの無い晴れ舞台。

----------------------------------------------------------------------------------
2011.3.26. 大宮市 サンパレス大宮GLANZにて canon eos40d efs10-22/3.5-4.5usm

今日は地震後初出社です。
業者さんが瓦礫などを搬出してくださった後を、
職場環境を整える為に机やコンピューターを運びます。
旧建屋は崩壊の危機なので、
しばらくは別棟に間借りすることになりそうです。


仕事が、

あるだけ、

シアワセです。
by junp_ok | 2011-03-28 23:54 | 人物~eyes to me | Trackback | Comments(0)

手と手

b0180907_10223173.jpg

------------------------------------------------------------------------------------
2011.3.26. 埼玉県大宮市 大宮サンパレスGLANZにて canon eos40d sigma30/1.4
by junp_ok | 2011-03-26 23:59 | 人物~eyes to me | Trackback | Comments(0)

東日本

b0180907_10212670.jpg


はやぶさ。

その翼、

人々の笑顔と復興のチカラを運ぶ風。

------------------------------------------------------------------------------------
2011.3.5. 東北新幹線 大宮駅にて canon eos40d ef70-300/4-5.6is-usm

一日も早い復興を、切に願う。

職場が復旧しなくてすでに2週間の有休・・・。
花粉もガソリンも酷い状況なので、
"チャットモンチー"のライブDVDを繰り返し見てはドラムの練習。
by junp_ok | 2011-03-25 23:17 |  ∟東北・上越新幹線 | Trackback | Comments(2)

雪のふるさと

b0180907_23563788.jpg


陽が沈み

凍てつく夜が来て

朝のすばらしさを知る

-----------------------------------------------------------------------------------
2011.2.13. 長野県 開田村にて canon eos40d efs10-22/3.5-4.5usm
by junp_ok | 2011-03-23 23:59 | 風景~in my memory | Trackback | Comments(0)

be with you.

b0180907_23582762.jpg


こんな時だからこそ、「シアワセ」というカタチ無い物を、
現実に感じ取ることが出来るのかもしれない。

--------------------------------------------------------------------------------
2011.3.5. 東京都 セレス高田馬場にて canon eos40d sigma30/1.4ex-dc-hsm
by junp_ok | 2011-03-22 23:59 | 人物~eyes to me | Trackback | Comments(0)

HEART LAND

b0180907_272729.jpg


思いやりの国。

HEART LAND。

--------------------------------------------------------------------------------
2011.3.18. 宇都宮市 楽酔酒場「波紋」にて canon eos40d ef50/1.8ⅱ

18日は夜の計画停電が実施されたのですが、
いつものお店のマスターが、それでも「やる」と言っていたので、
ランタンを持ってうかがいました。

結局、常連さんたちがロウソクや懐中電灯などなどを持参し、
有線の代わりにラジオを流していつもと変わらない活気の営業でした。
停電グループ外の方も家の電気を使わないために来てたり。

「居酒屋 波紋」が「bar HAMON」な数時間でした。

国も東電も思いきったことをしてくれましたが、
結果、日中でもいろんなところで節電を意識した試みを促進することとなり、
よかったな。と思います。

意外と電気ナシでも営業できることがわかったので、
せめて毎年3月11日は震災追悼とエコロジーのために、

「節電営業」にしよう!!

と、決まりました。
そんなわけで毎年マスターの誕生日は節電営業です(爆)。

結局は被災地の惨状を他所にただ飲んでるわけですが、
動機はどうあれ結果的にこういう部分に気づく、今後も活動していくキッカケになる、
というのはいいかなと思いました。

海外メディアからは日本人の慈愛心、秩序の良さを賞賛する声が寄せられていると聞きます。
これらは天災の多い狭い島国で自然にはぐくまれてきた文化であって、それを特別なことだとは思いませんが。
そういった日本に強く根付いている精神を誇りにしながら、
それを自らの手で傷つけないよう生きてゆきたいものです。


「HEART LAND」はキリンビールの商標です。
by junp_ok | 2011-03-19 23:59 | 日常~from my room | Trackback | Comments(0)

b0180907_2326515.jpg


遠くから一個人のできることなんて知れてるかもしれませんが、
少なからず助けになればと思い、日本赤十字社さんに送金させていただきました。
電力面でも、もうエアコンも使わなくて寒はしのげます。

あの、ガソリンとスーパーのパニック状態はどうにかならないのでしょうか。
配達や運送が仕事の方はともかく、個人でそんなに並ぶほど普段ガソリン使うの?
スーパーでそんなにいろいろ買い込んで、結局普段より多く食べてるんじゃないの?

被災地に届く届かないという話はもとより、
自分たちで自分たちの生活を絞めてると気づかないのでしょうか。

-----------------------------------------------------------------------------------
2010.5.8. 新潟県十日町市 松代にて canon eos40d efs17-55/4-5.6is-usm

どんなに長い夜でも、明けない夜はない。
自分で直接手を伸べもせず、口で言うだけは容易いけど…。

東日本の一日も早い復旧を祈る。
東日本の一日も早い復旧のために、今、すべきことは。
by junp_ok | 2011-03-17 23:45 | 空・海~gran blue | Trackback | Comments(0)

あの時

以下、体験を記録しておく。


2011年3月11日 午後2時46分

あの時、自分は普段と同じように4Fの社屋内で仕事をしていた。

突然の揺れは、しかし群発地震の多い栃木では震度3クラスの地震は日常茶飯事。
誰もが、

「ああ、いつもの地震か。」

と思っていたに違いない。
だがいつもと違ったのは、それが長く、そして次第に強くなってゆくこと。

30秒もすぎたころ、それは体験したことのない揺れへと拡大し、恐怖さえ感じるほどになる。
とっさに机の下へ身を庇うが、結構な重量があるはずの事務机が右へ左へと動く。
書類満載で移動もままならなかったキャビネはいとも容易くその場所を離れ、
後ろの机の上にあった部品が横から飛んでくる。
CAD本体はすでに机の下から姿を消していた。
パーティションが倒れる。蛍光灯が落ちる。
必至に床と机の裏の間で身体を突っ張るが、大きな揺れは容赦なくこの身を安全圏から引きずり出そうとする。

そして、次に落ちてきたのは壁と天井だった。

「これで床が抜けたら命はないかな。」

恐怖が続く中でも異常なほど冷静にそんな状況を認識する。


      ・・・・ ・ ・ ・。
永遠とも思える時間が過ぎ去った後、
ようやく机の下から這い出た私たちが見たものは、目を疑うような、まるで廃墟と化したフロアだった。
つい2、3分前まで昨日と同じように仕事をし、課題が山積みされていた机が嘘の様だ。

息つく間もなく、避難を開始する。

毎年防災の日に行われる避難訓練を
「活かす時が来る」と思いながらこなしている人がどれくらいいるだろうか。
いや、活かさなくて済むならそれに越したことは無い。
避難場所が判っている。避難経路が明確。
それがどれだけ重要なことか、身に沁みて痛感する。

階段を降りるにも壁はくずれ、行く手を阻む。
余震が続く中、埃にむせながら、瓦礫を乗り越え、屋外へ。
幸いにも誰一人パニックになることなく円滑に避難は完了。
避難場所の駐車場でもはっきりとわかるほどの余震が断続的に起こっていた。
その日はそのまま解散、帰宅となった。

翌日、
当日救急搬送された数名の負傷者はいづれも軽傷で間もなく退院したことを知る。
一方で、地震発生後に落下物により1名の犠牲者も出たとの情報も。
メディアでもその事は報道され、混乱した通信網を抜けて安否を気遣うメールも送られてきた。

情報網が復旧し、
この地震が想像を遥かに超える大災害を引き起こしたことを知る。
全容はマスメディアでの報道等、皆さんの知るところである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
会社の状況は想像以上に酷く、
まず下されたのは1週間の自宅待機。その後の対応は18日に通知。
社屋は棟によっては倒壊寸前レベルのダメージを受けたところもあるとのこと。
一部は文字通り廃墟と化し、貴重品など私物の回収は一切不可、社屋への立ち入りは禁止となった。

復旧の目処は未だ立たない。

b0180907_2261162.jpg


この日、光を失った街の上には、降るような星空が広がっていた。

余震は今なお続く。
by junp_ok | 2011-03-16 22:12 | 日常~from my room | Trackback | Comments(0)

静止した闇の中で

b0180907_2352194.jpg


皮肉にも、星空はいつもより何倍もその輝きを増して。

-----------------------------------------------------------------------------------
2011.3.11. 静止した闇の中で canon eos40d efs10-22/3.5-4.5usm

この度の地震、およびそれに伴う災害で被災された方々に

心よりお見舞い申し上げます。


私信。

安否を気遣ってくださった方、ありがとうございました。
また、通信網が混雑していることもあり、連絡が遅くなりすみません。

自身、友人、家財ともに無事です。

余震が続きます。くれぐれもお気をつけください。
by junp_ok | 2011-03-12 23:57 | 空・海~gran blue | Trackback | Comments(0)