カテゴリ:桜~bloom in life( 19 )

二荒山神社の桜

b0180907_23121485.jpg
撮影日 2009年4月6日 午後1時48分
撮影地 栃木県宇都宮市 二荒山神社
カメラ CANON EOS40D
レンズ CANON EF 50mm f1.8 Ⅱ
露出  ISO400 f3.2 1/250sec

by junp_ok | 2013-04-16 23:20 | 桜~bloom in life | Trackback | Comments(0)

根知駅の桜

b0180907_081331.jpg

撮影日 2009年4月29日 午後3時01分
撮影地 新潟県糸魚川市 根知駅
カメラ CANON EOS40D
レンズ CANON EF 70-300mm f4-5.6 IS USM
露出  ISO100 f5.6 1/400sec

先日、「非電化単線は周りの構造物も少なくいいね」と書きましたが。
さらに欲を張ると、そこに走る列車が「国鉄」であれば、その絵はより一層華やかさを増します。


4年前の大糸線。
古豪キハ52形のラストイヤーとなったこの年は、全国各地から多数の鉄道ファンが小さなローカル線に集まりました。
冬は雪深いこの地にもようやく春が訪れる4月終わり、ホーム脇の八重桜は満開を迎えます。
その下を交換する少しくたびれた色の気動車。
過ぎ去った一つの時代の光景は、その匂いや音と共にいつまでも心にとどめておきたい物となりました。


by junp_ok | 2013-04-11 23:56 | 桜~bloom in life | Trackback | Comments(0)

釜川プロムナードの桜

b0180907_2239245.jpg
撮影日 2009年4月6日 午後2時17分
撮影地 栃木県宇都宮市 釜川
カメラ CANON EOS40D
レンズ CANON EF 50mm f1.8 Ⅱ
露出  ISO400 f3.5 1/1250sec


初めて買った単焦点レンズを装けて街を歩く。
10000円足らずのレンズがこんなにもシャープに描写するものかと驚く。
ズームとは違う、勝手の効かないヤツに戸惑いながらも、見える景色を切り取っていく。

宇都宮も繁華街を一本それると、人気も少ない用水路沿いを歩く。
大きくはないが精一杯に花を咲かせたしだれ桜は、今にも水面に届きそう。
澄んだ水は午後の日を反射してキラキラと煌めき、
咲き誇る淡いピンクを一層鮮やかに魅せていました。

by junp_ok | 2013-04-08 22:51 | 桜~bloom in life | Trackback | Comments(0)

大野寺の桜

b0180907_231044.jpg


撮影日 2013年4月5日 午前9時30分
撮影地 奈良県宇陀市 大野寺
カメラ CANON EOS40D
レンズ CANON EF 70-200mm f2.8L ⅡIS USM / PLフィルター
露出  ISO400 f4.0 1/800sec

日本の社寺仏閣にもまた桜は多くみられます。
「日本の伝統」という景色によく一致して、日本人の心に温かい落ち着きを与えてくれます。

大野寺。
それほど大きなお寺ではありませんが、銘木「小糸しだれ桜」の優雅な枝ぶりを見ようと
この時期ばかりは観光客が絶えません。
ワタシは先の「又兵衛桜」を後に、大野寺へAM9:00ごろ入りましたが、
すぐに人でいっぱいになり10:00ごろには観光バスが到着しました。
お目当ての場所は朝イチに限ります。


b0180907_2349285.jpg

by junp_ok | 2013-04-07 23:54 | 桜~bloom in life | Trackback | Comments(0)

笠置駅の桜

b0180907_1639321.jpg


撮影日 2013年4月5日 午後12時20分
撮影地 京都府笠置町 笠置駅
カメラ CANON EOS40D
レンズ CANON EF 70-200mm f2.8L ⅡIS USM / EXTENDER x1.4Ⅲ / PLフィルター
露出  ISO400 f8.0 1/160sec

桜は駅や線路の近くに植えられていることも多いですね。
駅と桜の組み合わせは、旅立ちや出発のイメージからも日本人の心に強く訴えるものがあります。
特にこういったローカル線では周辺の構造物も少なく画づくりとしては最高ですよね。

関西本線笠置駅。
後ろの山を少し登ったところに有名な俯瞰撮影地がありますが、それも今は昔。
周辺の枝葉が伸びきって200mm/F2.8でボカしてもごまかしきれません。
写真は笠置駅跨線橋の上で亀山方面から下るキハ120形です。
平日にもかかわらず桜とローカル線のコラボを撮りに来ている鉄道ファン、
笠置山自然公園のハイキングツアー、木津川河川敷キャンプ場でのお花見・・・。
桜は人のココロも体も活発にするようです。

でも花粉がひどすぎます・・・。


>>>>>More
by junp_ok | 2013-04-06 19:32 | 桜~bloom in life | Trackback | Comments(0)

又兵衛桜(本郷の瀧桜)

b0180907_14412056.jpg


撮影日 2013年4月5日 午前6時37分
撮影地 奈良県宇陀市 大宇陀
カメラ CANON EOS40D
レンズ CANON EF 24-105mm f4L IS USM / PLフィルター
露出  ISO400 f8.0 1/60sec

日本の山間部には名のある銘木、巨木が多数存在します。
大宇陀に存在する又兵衛桜。
樹齢三百年を数え高さ13m、幹周り3mを誇る巨木は奈良県を代表する一本桜と言えるでしょう。

朝5時。開花時期には全国からアマチュアカメラマンが撮影に訪れ三脚を立てます。
ハイライトは夜明けの朝日が桜にあたる頃。
背景の森と桜のコントラストが見事に映えます。
この日の人出は平日にもかかわらず午前6時でざっと100人程度。
ワタシは週末の荒れ予報を見て一日有休桜旅です♪

by junp_ok | 2013-04-05 23:50 | 桜~bloom in life | Trackback | Comments(0)

本田技術研究所の桜

b0180907_223438.jpg


撮影日 2011年4月16日 午前8時59分
撮影地 栃木県芳賀町 下高根沢
カメラ CANON EOS40D
レンズ CANON EF 70-300mm f4-5.6 IS USM
露出  ISO400 f8.0 1/500sec

日本独特なのかもしれませんが、
大きな会社の敷地や学校の校庭には必ずと言っていいほど桜が植えられています。
入学や入社といった節目の背景には桜はなくてはならないと言っても過言ではありません。

ここ本田技術研究所の周辺道路にも、圧巻の桜並木が展開します。
出勤時にこの桜の下をオープンカーの屋根を上げて走るのが好きでした。
今は鈴鹿市に転勤となり、タイミングよく出張でもない限りこの景色は拝めません。
写真は東日本大震災の直後。
職場は崩壊していましたが、満開の桜は力強い復興の兆しを感じさせてくれました。

・・・写っているのがホンダ車じゃないのはご愛嬌。

by junp_ok | 2013-04-04 22:14 | 桜~bloom in life | Trackback | Comments(0)

儀明の桜

b0180907_225214.jpg


撮影日 2009年4月30日 午前6時38分
撮影地 新潟県十日町市 儀明
カメラ CANON EOS40D
レンズ CANON EF-S 17-85mm f4-5.6 IS USM
露出  ISO100 f7.1 1/80sec

銘木と呼ばれる樹や、ガイドブックに載っている樹の他にも、
名前はなくともその景色の中になくてはならない桜もたくさんあります。
この「儀明の棚田」に咲く桜もその一つ。

ここ松代(まつだい)周辺は、多数の棚田が存在することで知られています。
中でも有名なのは「星峠の棚田」 ですが、それぞれ各々の表情があってどれも絵になります。
このカットは「日本原風景探訪」と名打った一人旅の中の一枚。
まだ一眼レフを使いあぐねていましたがもう少し絞ってもよかったかと思います。

当時の旅行記はコチラから。
by junp_ok | 2013-04-03 22:31 | 桜~bloom in life | Trackback | Comments(0)

西行戻しの松公園の桜

b0180907_22131588.jpg


撮影日 2010年5月3日 午前4時43分
撮影地 宮城県松島町 西行戻しの松公園
カメラ CANON EOS40D
レンズ CANON EF-S 17-85mm f4-5.6 IS USM
露出  ISO400 f10 1/100sec


4月はこれまで撮ってきた桜の写真の中からピックアップしてお送りしたいと思います。
既出の写真もありますが、最近新しい写真も少ないので、ご容赦ください。

まずは3年前の松島から。
まったく写真など興味のない友人が、「松島に朝日を見に行こう」と前夜に思い立ち、
同行した道中で朝日スポットを検索。ギリギリ夜明けに間に合って撮れたカットです。
日本三景松島の島々を眼下に遠望する高台からは、満開の桜と、
桜色に染まる夜明けの海が一望。夢中でシャッターを切りました。

by junp_ok | 2013-04-02 22:10 | 桜~bloom in life | Trackback | Comments(0)