カテゴリ:風景~in my memory( 299 )

輝く稜線

b0180907_2327516.jpg

------------------------------------------------------------------------------
2014.9.27. 長野県松本市 重太郎新道にて canon eos6d ef24-105/4L-is-usm


時間はさかのぼり、
2泊3日の行程の初日からのワンカット。

上高地から岳沢を経由し、いよいよ重太郎新道。
不安定な足場をよじ登るようにぐんぐんと高度を上げていく
北アルプス屈指の急登ルートです。
あがる息とウラハラに、眼下にどんどん広がる紅葉の岳沢と
小さくなっていく上高地が爽快です。

前穂高岳から明神岳へ続く稜線から延びる尾根に午前の逆光が当たり、
黄金色に彩づいたダケカンバが
まるで山を着飾るかのように輝いていたのが
印象的でした。
by junp_ok | 2014-10-20 23:30 | 風景~in my memory | Trackback | Comments(0)

大地のスキマ

b0180907_23253255.jpg

-------------------------------------------------------------------------------
2014.9.29. 長野県松本市 涸沢にて canon eos6d ef24-105/4L-is-usm

涸沢ヒュッテの裏手には、
夏まで残っていた雪渓が解けて秋には小さな池ができます。
朝の光に照らされた東斜面の紅葉が
まだ日の当たらない池に映り込み、
暗く沈んだ岩場の影と、明るい紅葉の色彩が
それはそれは見事なコントラストを奏でます。

紅葉の季節を待って池ができるなんて、
とても偶然とは思えない演出ですね。

せっかくの御膳立てに甘えて、
存分にシャッターを切らせていただきます♪
by junp_ok | 2014-10-18 23:41 | 風景~in my memory | Trackback | Comments(0)

モルゲンロート

b0180907_23265976.jpg

--------------------------------------------------------------------------------
2014.9.29. 長野県松本市 涸沢にて canon eos6d ef24-105/4L-is-usm


山と、木々が、燃える季節がやってきた!!


朝焼けの照り返しで山肌が紅く染まる現象を、『モルゲンロート』と言います。
有名なモルゲンロートのシーンとしては『赤富士』がありますね。
冠雪した山のモルゲンロートは本当に神々しいものです。

紅葉とモルゲンロートの組み合わせは
初めて目にしたのですが、
ナナカマドの赤とも相まって
とてもとても印象的なシーンとなりました。

夕焼けに染まるのは『アーベントロート』と言います。
by junp_ok | 2014-10-16 23:26 | 風景~in my memory | Trackback | Comments(0)

ジャンダルム

b0180907_23263136.jpg

--------------------------------------------------------------------------------
2014.9.27. 長野県松本市 奥穂高岳にて canon eos6d ef70-200/2.8Lⅱ-is-usm

奥穂高岳から西穂高岳。
日本最難登山ルートの核心、『ジャンダルム』

選ばれしモノのみが立てる孤高の頂。
by junp_ok | 2014-10-14 23:49 | 風景~in my memory | Trackback | Comments(0)

夜明けと槍 sanpo

b0180907_23191197.jpg

-------------------------------------------------------------------------------
2014.9.28. 長野県松本市 涸沢岳にて canon eos6d ef24-105/4L-is-usm

剱とならんで北アルプスを代表し、
同時に登山者の憧れでもある槍ヶ岳。

周囲の岩稜線を従え、
その奥にキリッとその稜線群を引き締めるようにそびえる姿に、
足元の尾根を伝って吸い込まれていきそうな感覚さえ覚える。

ここ涸沢岳山頂からは、切れ落ちた岩稜を伝って北穂高岳、
さらに大キレットと呼ばれる岩尾根を攻略してようやく立つことができる。
どちらも日本有数の難度を誇るルートだ。

夜明け前の岩肌とその先に構える槍の厳しさを
人を簡単には寄せ付けない畏怖感とともに写し取る。
by junp_ok | 2014-10-13 23:41 | 風景~in my memory | Trackback | Comments(0)

カラード・リーブス・ダイアゴナル・ストライプ sanpo

b0180907_22564391.jpg

-------------------------------------------------------------------------------
2014.9.28. 長野県松本市 涸沢にて canon eos6d 24/105/4L-is-usm

穂高岳連峰からすり鉢状に落ち込む涸沢カール。
涸沢から見上げると放射状に紅葉が広がります。
特に美しいのがナナカマドの赤とダケカンバの黄色。
そこにハイマツの緑、そして特徴ある花崗岩の白。
ひとたび見る角度を変えると、それらが見事なストライプを描いて
穂高への斜面を彩っています。

紅葉と山がバランス良く見える角度を探すのもまた楽し。
by junp_ok | 2014-10-11 23:07 | 風景~in my memory | Trackback | Comments(0)

全方位型絶景 sanpo

b0180907_23531146.jpg

-------------------------------------------------------------------------------
2014.9.28. 長野県松本市 涸沢にて canon eos6d 24-105/4L-is-usm


もう、どっち向いていいかわからなかったんです。ホントに。

ただただ、笑いがとまらなかったなぁ。
by junp_ok | 2014-10-09 23:56 | 風景~in my memory | Trackback | Comments(0)

10月の表紙 『原色の秋』

b0180907_22561869.jpg

--------------------------------------------------------------------------------
2014.9.28. 長野県松本市 涸沢にて canon eos6d 24-105/4L-is-usm


白山の次は翌一週間空けて、
北アルプス深部は穂高・涸沢へ2泊3日。

涼しい夏がもたらした例年より早めの錦秋は
その場にいた人たちを存分に魅了してくれました。

奇しくも台風一過で雲一つない晴天。

ありがとうアルプス、
ありがとう涸沢。

心からそう思える光景が、
まぎれもないワタシの眼前に広がっていました。

ひとしきり撮影を楽しんだら、
この飽和した色空間に身を置く贅沢を、
太陽の温かさとともにジンジンと感じとるのです。

生ビールを片手に。
by junp_ok | 2014-10-06 23:34 | 風景~in my memory | Trackback | Comments(1)

下山道

b0180907_23571497.jpg

------------------------------------------------------------------------------
2014.9.14. 岐阜県荘川村 白山平瀬道にて canon eos6d 24-105/4L-is-usm


岐阜県側から登ると、下山ももと来た道を下ることになります。
下りは下りで登りとは違った辛さがありますが、
いつまでも帰らないわけにはいかないので、
頂上での素晴らしい時間と景色を得るためと割り切り、
道中の辛さにもひたすら耐えるのです。

それだけの価値があると、ワタシは思うのです。

下りは下りで下山後の温泉の楽しみがありますヨ♪



他にもたくさんご紹介したい景色はありますが、
次に控えているものもありますので、
今回で白山はおしまいにします。


次は、あのヤマに、のぼろう。
by junp_ok | 2014-10-05 23:56 | 風景~in my memory | Trackback | Comments(0)

白山三ッ峰七ッ池

b0180907_04058.jpg

----------------------------------------------------------------------------
2014.9.13. 石川県白山市 白山御前峰にて canon eos6d 24-105/4L-is-usm

登頂した御前峰からは奥にもうふたつ、同じく高い峰が見渡せます。
右が剣ヶ峰、奥が大汝峰です。
御来光を拝んだ大汝峰へはここから1時間弱と言ったところでしょうか。
残念ながら剣ヶ峰へは登山道がありません。

そしてこれら三つの峰の裾には、
大小7つの池と、大きな雪渓があります。
御前峰から見えるのは一つだけですが、
これらの池を巡るコースも
白山登山の楽しみのひとつです。
by junp_ok | 2014-10-02 23:02 | 風景~in my memory | Trackback | Comments(0)