おさるの王国

b0180907_2254499.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------
2013.5.4. 長野県山ノ内町 地獄谷野猿公苑にて canon eos40d ef70-200/2.8LⅡis--usm x1.4Ⅲ

地獄谷野猿公苑。
「温泉猿」「スノーモンキー」と言えば、世界的に通ずるほどの言葉です。
4月には子ザルが生まれ、春から夏にかけては子育てのシーズン。

GWを利用してかねてより訪れてみたかった「地獄谷野猿公苑」を訪れました。
公園内では、お猿さんたちは山から境界なく行き来できるほぼ野生の姿、
自然なお猿さんたちの営みが観察できます。
一方、人間は入園料を払って制限された遊歩道を歩くのみ。
言ってみれば、檻に入れられた人間をお猿さんたちが観察しているといっても過言ではありませんね(笑)。

一方のお猿さんはと言えば、人間を恐れるでもなく攻撃するでもなく、
まるでいないかのように自由気ままに動き回ります。
足元をかすめて駆け抜けたり、
構えたカメラの前を悠然と横切ったり…。





b0180907_23103731.jpg
子ザルもずいぶん大きくなっていますが、まだまだ子供。お母さんの面倒見も人間顔負けです。


b0180907_2351716.jpg
「はぁ~~。」

日本人もニホンザルも、老若男女関係なくお風呂は極楽なようです。
まさに地獄の中の極楽。


b0180907_2362398.jpg
子ザルもまだまだ甘えんぼ。


b0180907_237199.jpg
ヤンチャぶりは人間の比ではなさそうです。
甘噛みでお願いしますよ。


b0180907_237317.jpg
b0180907_2381926.jpg
おさるさんたちは基本的に仲良し。
よほど群れの秩序を乱さない限り、追われることはないようです。


b0180907_238462.jpg
ひなたぼっこが大好きなおさるさんたち。
ほっこりした表情にこちらも思わずほころびます。

b0180907_2312085.jpg
毛繕いもほっこりポイント。人間でいうマッサージといったところでしょうか。


b0180907_2311240.jpg


少し遠いですが、またコンスタントに訪れて、
季節の移り変わりとおさるさん達を追いかけてみようと思います。




・・・でもたぶん、宇都宮からの方が近かった気がする。
by junp_ok | 2013-05-11 23:17 | 自然~nature | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hlaundry.exblog.jp/tb/20426754
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]