あの時

以下、体験を記録しておく。


2011年3月11日 午後2時46分

あの時、自分は普段と同じように4Fの社屋内で仕事をしていた。

突然の揺れは、しかし群発地震の多い栃木では震度3クラスの地震は日常茶飯事。
誰もが、

「ああ、いつもの地震か。」

と思っていたに違いない。
だがいつもと違ったのは、それが長く、そして次第に強くなってゆくこと。

30秒もすぎたころ、それは体験したことのない揺れへと拡大し、恐怖さえ感じるほどになる。
とっさに机の下へ身を庇うが、結構な重量があるはずの事務机が右へ左へと動く。
書類満載で移動もままならなかったキャビネはいとも容易くその場所を離れ、
後ろの机の上にあった部品が横から飛んでくる。
CAD本体はすでに机の下から姿を消していた。
パーティションが倒れる。蛍光灯が落ちる。
必至に床と机の裏の間で身体を突っ張るが、大きな揺れは容赦なくこの身を安全圏から引きずり出そうとする。

そして、次に落ちてきたのは壁と天井だった。

「これで床が抜けたら命はないかな。」

恐怖が続く中でも異常なほど冷静にそんな状況を認識する。


      ・・・・ ・ ・ ・。
永遠とも思える時間が過ぎ去った後、
ようやく机の下から這い出た私たちが見たものは、目を疑うような、まるで廃墟と化したフロアだった。
つい2、3分前まで昨日と同じように仕事をし、課題が山積みされていた机が嘘の様だ。

息つく間もなく、避難を開始する。

毎年防災の日に行われる避難訓練を
「活かす時が来る」と思いながらこなしている人がどれくらいいるだろうか。
いや、活かさなくて済むならそれに越したことは無い。
避難場所が判っている。避難経路が明確。
それがどれだけ重要なことか、身に沁みて痛感する。

階段を降りるにも壁はくずれ、行く手を阻む。
余震が続く中、埃にむせながら、瓦礫を乗り越え、屋外へ。
幸いにも誰一人パニックになることなく円滑に避難は完了。
避難場所の駐車場でもはっきりとわかるほどの余震が断続的に起こっていた。
その日はそのまま解散、帰宅となった。

翌日、
当日救急搬送された数名の負傷者はいづれも軽傷で間もなく退院したことを知る。
一方で、地震発生後に落下物により1名の犠牲者も出たとの情報も。
メディアでもその事は報道され、混乱した通信網を抜けて安否を気遣うメールも送られてきた。

情報網が復旧し、
この地震が想像を遥かに超える大災害を引き起こしたことを知る。
全容はマスメディアでの報道等、皆さんの知るところである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
会社の状況は想像以上に酷く、
まず下されたのは1週間の自宅待機。その後の対応は18日に通知。
社屋は棟によっては倒壊寸前レベルのダメージを受けたところもあるとのこと。
一部は文字通り廃墟と化し、貴重品など私物の回収は一切不可、社屋への立ち入りは禁止となった。

復旧の目処は未だ立たない。

b0180907_2261162.jpg


この日、光を失った街の上には、降るような星空が広がっていた。

余震は今なお続く。
by junp_ok | 2011-03-16 22:12 | 日常~from my room | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hlaundry.exblog.jp/tb/15061816
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]