さよなら400系紀行~1日目(4月17日)

4月18日            

初の新在直通車両として、
1992年に山形新幹線開業とともにデビューした400系「つばさ」。
その400系が、いよいよ終焉の時を迎えました。

当初は、2009年夏まで… とアナウンスされていたのですが、
幸か不幸か延びに延びてこの日、さよなら列車がイベントされることに。

    ところで、私事になりますが。

ワタシが写真を始めたのは、400系と、ある方の一枚の写真がキッカケでした。
たまたまインターネットで出張(天童木工へ)の新幹線を調べていた時、
目に飛び込んできた1枚の写真は、ワタシの心を鷲づかみにすると共に、
「新幹線にこんな素晴らしい景色があるんだ!!」と、
一気に新幹線撮影の虜になったのです。
以降、幾度となく山形へ通い、「神の一撮」を目指しましたが、結局めぐり合えず。

そんな思い入れの車両、「立ち会わずに死ねるか!」(大ゲサ)と、
わざわざまた山形まで出張ってきました。

-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----

前置きが長くなりましたが、山形への「さよなら400系」紀行、しゅっぱ~つ! です。
b0180907_21345690.jpg




今回の行程では、都合6度、400系に逢うことが出来ました。

4月17日
・山形→東京 回送
・東京→新庄 びゅう「400系つばさで行く山形の旅」
・東京→山形 回送

4月18日
・山形→新庄 回送
・新庄→東京 「さよなら400系」つばさ18号
・東京→山形 回送

金曜夜半に降り出した雪が本降りになってきたので、
東北道が通行止めにならないうちに出発し一路米沢へ。

・山形→東京 回送
b0180907_2140683.jpg米沢の少し北、南陽市高畠付近です。ご覧の通りの豪雪。
いやぁ、、春ですねぇ~(*^^*)。

この場所で偶然にも先の「キッカケ」となった写真を撮影されたご本人、千葉サマと、
同行されていた哲ちゃんサマに遭遇。お二人共、前日入りとのこと。
哲ちゃんサマに至っては広島から…頭が下がる思いです。

6:30.他に誰も居ません。

b0180907_2143836.jpg
まずは回送を。いよいよ最後となると、なかなか冒険アングルはとれませんね(^^;
b0180907_21432722.jpg
<冬将軍カムバック!!>
季節柄雪が重めなので雪煙は控えめなものの、
充分すぎる積雪にうれしいやら微妙な気持ちです。
「春の景色を撮りたかったはずなのに・・・」

b0180907_21461493.jpg次の下り団体臨時までは時間があるので、
千葉サマ情報による「かねたんがつばさを見送る」を。

おおなるほど。米沢駅前に貼ってある。
ちなみに「かねたん」とは、直江兼継をモチーフにした
いわゆる「ゆるキャラ」。
全国に点在する妖怪だかマスコットだかよくわからない
キャラクター達に比べ、かなり親しみやすい方だと思います。
                            →これ


そして今日は「びゅうコースター 風っこ桜回廊号」の出発式も催されていたようです。
こちらは桜の季節だけの臨時列車。
残念ながらせっかくのオープンデッキ(窓ガラスは着脱可の車両です)が豪雪で桜も咲かずでしたが無事出発されて行きました。
b0180907_21513861.jpg


b0180907_21524466.jpgb0180907_21531282.jpg
b0180907_220934.jpgb0180907_2154685.jpgb0180907_21541935.jpg

雪なんか撮りたくなります。     「あ、こんにちは!」       なんとなく落ち着く車内


車内は木のテーブルと無垢の天井。裸電球に石油ストーブとなかなか風情があります。
晴れた日にオープンデッキで乗ると気持ちいいでしょうね。

肝心の「つばさとかねたん」なのですが。。。
セレモニー前後で3本のE3系「つばさ」がやって来ては出て行ったのですが、
「カネゴンたん」ガン無視。

何しに来たのか良くわからないまま、
400系団体臨時の時間が近いので先ほどの場所へ戻ります。
まぁ時間がつぶれたのでヨシです。

ちなみに、
この日米沢駅の一番ホームでは地元有志の方々による振る舞い「玉こんにゃく」が。
・・・激ウマ。あったかいし。ご馳走様でした(*^^*)
b0180907_2225378.jpg

b0180907_2231711.jpg

米沢駅に停車中のE3系「つばさ」。
やわらかなグラデーションでデザインされたロゴに、
ふわりふわりとまるで羽毛の様に音もなく雪が舞い落ちる。



・東京→新庄 びゅう「400系つばさで行く山形の旅」
JRの企画ツアーです。
一泊二日コースでは、帰りは「さよなら400系」18号が充てられました。

b0180907_2294673.jpg雪はなんとか止み、少しずつですが晴れ間も見えます。写っているのは千葉サマ。
今回は10人程度の撮影者がいらっしゃいましたが、アングルに自由度がある場所なので現場はとても穏やかでした。


b0180907_2211205.jpg
<白い春>
そして400系がやってきました。
少し曇ってしまいましたが、この時期にありえない大雪原。
なかなかハイシーズンでも天候などこれだけの条件に遭遇するのは稀です。

この後、桜の無い霞城公園目指して、お二人を乗せ一路山形へ。
途中、いくつか自身のお気に入りポイントを案内しつつ。
b0180907_22115120.jpg
<夢幻白景>
赤湯の俯瞰。…眼下一面のモノクロ世界に嘆息。去年の2月より雪多いし!

・新庄→山形 回送
山形へ着いたワタシ達は、霞城公園でよんひゃく系サマと落ち合います。
コチラの方も本日宇都宮より電車に揺られて来られました。

b0180907_22232281.jpg一輪でも咲いていたらなんとか構図を…と思いましたが、
開きそうな蕾はあれど、まっっったく、咲いてません。


ワタシと千葉サマ、哲ちゃんサマは、駅前ビル「霞城セントラル」の展望ロビーへ。
初めて上がりましたが、山形市が一望出来て本当にステキな場所です。
・・・これで桜が咲いてたら。  ・・・は、言ってもしょうがなし!

こちらで、新庄から上ってくる回送を撮影。
b0180907_22223887.jpg
<誰も居ない花道>
つぼみは赤く膨らんでますが、この寒波で開花は遅れたようです。
ってか、どこに「つばさ」が写ってるかわからん!!
b0180907_22225714.jpg
<天使の休息>
山形駅に停車後、車庫へ。いよいよラストフライトに向けて、最後の休息です。

以上でお開きとなりました。
千葉サマは残念ながら帰路へ。
哲ちゃんサマは「霞城セントラル」のホテルへチェックインです。
ワタシとよんひゃく系サマはそれぞれ車、電車で新庄へ向かいます。
b0180907_22434586.jpg
<今日のお開き>
どうでもいいのはよく決まる!(笑)。千葉サマはコレに乗って帰ったようです。

夜はよんひゃく系サマと新庄駅前の魚民でちょっとアツク語り合っちゃいました(^^;

18日は朝から新庄駅で出発式がありますので早めに寝ます。

>18日へつづく。



・・・・

・・・こんなときでもワタシは車中泊(^^;
by junp_ok | 2010-04-21 22:46 |  ∟東北・上越新幹線 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hlaundry.exblog.jp/tb/13187930
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 哲ちゃん at 2010-04-26 23:25 x
こんばんは。この日は大変お世話になりましたm(__)m

色々と想定とは違った撮影でしたが、季節外れの豪雪、そしてかねタンのスルーなどなど、
記憶に残る遠征の1つになりそうです。

緩急付けて撮影出来る山形新幹線、広島からでもまたお邪魔したいエリアになりました(笑)
Commented by junp_ok at 2010-04-27 22:43
【哲ちゃんサマ】
どうもお越しいただきありがとうございます!!
土曜は本当に大変でしたね~。
忘れられない想い出になって結果オ~ライ!?

広島からは遠いですがまた何かのついででもお越しください。
ワタシでよければ沿線ご案内させていただきます。

・・・0系以来ですが広島へもまた行こうと思います。普通に観光したいです(^^;
これからもよろしくおねがいします!!